アリペイ、「価値あるエコシステム」で世界のデジタル決済企業をリード

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

アリペイ、「価値あるエコシステム」で世界のデジタル決済企業をリード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

英調査会社ジュニパーリサーチはこのほど発表したリポートで、QRコード決済による消費額が2025年までに世界全体で3兆ドル(約390兆円)を超えるとの予測を示した。

また、世界の主要デジタル決済企業15社が成功した要因を総合的に分析・評価し、1位をアリババ集団傘下の「アリペイ(支付宝)、2位を米「PayPal」、3位をテンセント傘下の「WeChatPay(微信支付)」、4位を米「Google Pay」、5位を「UnionPay International(銀聯国際)」と位置付けた。

リポートでは、アリペイが先行者としての強みを生かし、ユーザー特典やオンライン決済、フードデリバリーなど各種サービスを充実させ、QRコード決済を中心に「価値あるエコシステム」を構築したと評価。同業他社はアリペイの戦略を参考にすべきだと提言している。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録