H&M、上海の中心地に構える中国1号店を閉店

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

H&M、上海の中心地に構える中国1号店を閉店

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

スウェーデンのファストファッションブランド「H&M」の中国1号店がこのほど、ひっそりと閉店した。上海の中心地にオープンしてから15年が経っていた。中国版ツイッターと呼ばれる「微博(Weibo)」では、このニュースに関する投稿の閲覧数が1億7000万回以上に達している。

中国の若者の関心は、中国的なデザインを取り入れた「国潮」ファッションや、デザイン性の高い新鋭ブランドに移りつつある。ファストファッションブランドが市場を取り戻すためには、製品のデザインや位置づけを全面的に見直す必要があるだろう。

H&Mの財務報告書によると、2021年末時点の中国本土の店舗数は445店舗で、20年末の505店舗から60店舗減少している。閉店の理由や今後の方針について、H&Mは「決算発表前のため、しばらくの間コメントは控える」とした。

中国発アパレルEC「SHEIN」、評価額1000億ドル突破。ZARAとH&M足した時価総額超える

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録