テンセント、XR部門設立を発表 メタバースに賭ける

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

テンセント、XR部門設立を発表 メタバースに賭ける

続きを読む

中国IT大手テンセント(騰訊控股)のゲーム事業「テンセントゲームズ(騰訊遊戯)」がこのほど、オンラインイベント「SPARK 2022」を開催した。

テンセント高級副総裁の馬暁軼氏はイベントの席上、「テンセントはこのほど、XR(クロスリアリティー)事業部門を設立した。ソフトウエアやコンテンツ、システム、ソフトウエア開発キット(SDK)、ハードウエアなどについて積極的な試みを進める。今後4〜5年をめどに、業界のベンチマークとなるVR(仮想現実)製品とVR体験を生み出していきたい」と述べた。関係者によると、同事業部門の従業員は300人以上になる見込みだという。

XRとは、VRやAR(拡張現実)など「没入型」体験を提供する技術で、メタバースの基礎になるとされている。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録