Youtube、ショート動画世界一の座をTikTokから奪取か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

Youtube、ショート動画世界一の座をTikTokから奪取か

続きを読む

米グーグル傘下の動画共有サイトYoutubeは6月中旬、ショート動画サービス「YouTubeショート」の視聴者数が月間15億人を突破したと発表した。

中国ネット大手のバイトダンス(字節跳動)が運営する動画投稿アプリ「TikTok」が独占してきたショート動画市場に変化が起こりつつある。

YouTubeショートは60秒以内の動画に特化したサービスで、2021年3月に米国でサービスを開始し、同年7月にはその他の国でも利用できるようになった。Youtubeのトラフィックを背景に、わずか1年余りで月間アクティブユーザー数(MAU)15億人超を達成したことになる。

TikTokは22年に入ってからのMAUを公表していないが、21年9月に10億人を超えたことを明らかにしている。あるアナリストは、22年上半期には15億人を突破するとの予測を示している。

YouTubeショートのMAUは、すでにTikTokに追いつき、逆転した可能性がある。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録