アント・グループ、プライバシー保護コンピューティング・フレームワーク「隠語」をオープンソース化

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社

アント・グループ、プライバシー保護コンピューティング・フレームワーク「隠語」をオープンソース化

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

【新華社北京7月11日】中国電子商取引(EC)大手アリババ・グループ傘下の金融会社、螞蟻科技集団(アント・グループ)は4日、プライバシー保護コンピューティング・フレームワーク「隠語」を世界の開発者に向け、正式にオープンソース化すると発表した。

「隠語」は主流のプライバシーコンピューティング技術を融合した技術フレームワークで、データ流通におけるデータセキュリティーやプライバシー保護の問題を技術面から解消した。オープンソース化後、開発者は無料で「隠語」のコードが利用でき、技術の普及とエコシステムの共同構築につながる。

データ業界は2022年、法規や政策の要求、技術成熟度の面から、プレーンテキスト時代に別れを告げ、暗号化データ時代に入っており、データ流通はセキュリティー保障やプライバシー保護を前提に行わなければならないというのが、業界内で一般的認識となっている。プライバシー・コンピューティングはこれに対応するコア技術と考えられている。

「隠語」はアント・グループが6年かけて独自開発したプライバシー保護コンピューティング・フレームワークで、安全・開放を主な設計理念とし、現在のほぼ全てのプライバシー・コンピューティング技術に対応しており、さまざまなシーンに豊富なソリューションを提供し、開発者の利用の利便性をさらに高める。「隠語」はまた、安全性と性能で業界をリードし、大規模なデータセットに対応するため、アント・グループ内部の大規模業務だけでなく、外部の金融や医療などの分野でも幅広く応用されている。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録