アリババも投資する対話型AIの「AISpeech(思必馳)」、上場までラストスパート 

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

アリババも投資する対話型AIの「AISpeech(思必馳)」、上場までラストスパート 

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

対話型人工知能(AI)プラットフォームを提供する「思必馳(AISpeech)」が7月15日、上海証券取引所のハイテク企業向け市場「科創板」上場に向け、目論見書を提出した。スポンサーを「中信証券 (CITIC Securities)」とし、10億3300万元(約200億6000万円)の調達を計画している。

同社は2007年、英ケンブリッジ大学出身の高始興氏と兪凱氏が英国で設立し、翌08年に中国に拠点を移した。自社開発したオープンソースの対話型AIプラットフォームと対話型AI専用チップを軸に「クラウド+チップ」戦略を展開し、ソフトウエアとハードウエアが一体化したAI技術とサービスを提供している。

これまでに、アリババ集団や美的集団(Midea Group)、聯想之星(Legend Star)、深圳市創新投資集団(Shenzhen Capital Group)などから計10億元(約200億円)を調達している。

同社は長期にわたり研究・開発に多額の費用を投じてきたため、ビジネスが順調だとは言い難く、「AI企業は黒字化が難しく赤字体質に陥りがちだ」というジンクスから逃れられていない。

2019年から21年にかけて、売上高は1億1500万元(約23億円)、2億3700万元(約47億円)、3億700万元(約61億円)と右肩上がりに増加しているものの、純損失額もそれぞれ2億8300万元(約56億円)、2億1500万元(約43億円)、3億3500万元(約67億円)と赤字状態が続いている。

通話内容を即座にテキスト化 急成長の音声認識ユニコーン「AISpeech」、上場に向けひた走る

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録