22年版「フォーチュン・グローバル500」 ランクイン企業数で中国が米国を上回る

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

特集注目記事

22年版「フォーチュン・グローバル500」 ランクイン企業数で中国が米国を上回る

続きを読む

米経済誌「フォーチュン」が8月3日、世界最大で最も収益性が高い企業のランキング「フォーチュン・グローバル500」を発表した。

売上高世界一は9年連続で米小売大手ウォルマート。世界で最も収益性の高い企業は、売上高6位のサウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコで、1050億ドル(約14兆円)の利益を上げた。

500社の売上高の総額は前年比19%増の37兆8000億ドル(約5000兆円)で、世界のGDPの3分の1以上に相当する。ランクインした企業の累積利益は88%増の3兆1千億ドル(約410兆円)となり、過去最高を記録した。

国別では、136社がランクインした中国(香港を含む)が1位となった。2位は124社の米国、3位は47社の日本だった。また、今回初めてランクインした中国語圏の企業の売上高の総額が、米国企業の総額を上回った。

22年版「フォーチュン・グローバル500」の売上高上位10社は以下の通り。

  1. ウォルマート(米国)
  2. アマゾン(米国)
  3. 国家電網(State Grid)(中国)
  4. 中国石油天然気集団(CNPC)(中国)
  5. 中国石油化工集団(中国石化、シノペック・グループ)(中国)
  6. サウジアラムコ(サウジアラビア)
  7. アップル(米国)
  8. フォルクスワーゲン(ドイツ)
  9. 中国建築(CSCEC)(中国)
  10. CVSヘルス(米国)

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録