米テスラ、上海ギガファクトリーで100万台目がラインオフ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

米テスラ、上海ギガファクトリーで100万台目がラインオフ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米電気自動車(EV)大手テスラの上海ギガファクトリーで8月13日、100万台目の車両がラインオフした。2019年の稼働開始から3年目で、生産台数100万台を達成したことになる。

同工場での生産を支えるサプライヤーは現在、95%が中国企業で、従業員の99.99%が中国人となっている。上海へのテスラ誘致は、上海とその周辺地域の自動車産業チェーン全体の高度化転換をけん引した。

現在、バッテリーや車載チップ、自動運転システム、内装、部品の精密加工などを提供するサプライヤーは、上海市や江蘇省の蘇州市と南通市、浙江省寧波市など長江デルタ地域に集約されている。

米テスラ、中国での四半期売上高が初めて減少 前期比18.6%減

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録