北米スマホ出荷、4~6月期は6%減 景気減速でニーズ縮小

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業特集注目記事

北米スマホ出荷、4~6月期は6%減 景気減速でニーズ縮小

続きを読む

市場調査会社「Canalys」が8月22日に発表したデータによると、2022年4~6月期の北米スマートフォン市場の出荷台数は、前年同期比6.4%減の3540万台となった。

出荷台数上位5社は、米アップル(シェア52%)、韓国サムスン電子(25%)、中国パソコン大手の聯想集団(レノボ・グループ)傘下のモトローラ(9%)、中国家電大手「TCL」(5%)、米グーグル(2%)だった。

Canalysのアナリストは、北米は高いインフレ、消費者心理の悪化、景気減速という三重の逆風にさらされた結果、市場のニーズが縮小したと指摘する。

これに先立ち、Canalysは22年4~6月期の中国スマホ出荷台数を発表した。中国本土のスマホ市場も軟調で、出荷台数は6740万台に過ぎず、前年同期より10%減少した。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録