小米汽車、駆動用バッテリーのサプライヤーにCATLとBYD傘下企業を選定

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

小米汽車、駆動用バッテリーのサプライヤーにCATLとBYD傘下企業を選定

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国スマートフォン大手小米(シャオミ)傘下で電気自動車(EV)事業を手掛ける「小米汽車」が、駆動用バッテリーの主要サプライヤーとして、駆動用バッテリー大手の寧徳時代(CATL)と、EV大手比亜迪(BYD)傘下で駆動用バッテリーを手掛ける「弗迪電池(FinDreams Battery)」の2社を選定したことが分かった。

小米汽車は、最初の車種に用意する下位モデルには400Vの充電プラットフォームを、上位モデルには800Vの充電プラットフォームを搭載する計画だという。下位モデルには弗迪電池のリン酸鉄リチウム電池「ブレードバッテリー」が、上位モデルにはCATLの新型三元系バッテリー「麒麟電池(Kirin battery)」が搭載される可能性が高い。

小米汽車が採用した麒麟電池は、充電率や熱管理の点でカスタマイズされているとみられ、CATL内部では「金麒麟」と呼ばれている。

小米汽車は2024年に最初の車種を発売する計画で、同年内に10万台を販売し、その後3年間で90万台の販売を目指すとの報道もあった。

シャオミは21年3月、EVメーカーを設立すると発表し、自動車産業に参入する姿勢を明らかにした。同社は当時、「今後10年間で100億ドル(約1兆3700億円)を投資する。初期投資は100億元(約2000億円)とする」との計画を示していた。それから500日以上が経過した22年8月11日、シャオミの新製品発表会に雷軍・最高経営責任者(CEO)が登壇し、自動車事業の進捗状況を明らかにした。同社は自動運転用アルゴリズムの自社開発に向け、すでに500人以上の研究・開発チームを立ち上げたという。

シャオミ、自動運転開発に約660億円投入 24年の業界トップ集団入りを目指す

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録