自動運転トラック開発の「DeepWay」、シリーズAで約90億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

自動運転トラック開発の「DeepWay」、シリーズAで約90億円を調達

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

新エネルギーで走る自動運転トラックを手掛けるスタートアップ「DeepWay(北京京深深向科技)」がこのほど、シリーズAで4億6000万元(約92億円)を調達した。リード・インベスターは「啓明創投(Qiming Venture Partners)」、コ・インベスターは「聯想創投(レノボ・キャピタル)」など。

DeepWayが外部から資金調達したのは今回が初めてで、調達額は同業界で過去最大規模となった。同社は引き続き、新エネルギーで走る自動運転トラックの開発・生産を進め、自動運転技術の実用化を加速する。

同社は初の車種「深向星辰」について、2022年12月に公道での試験走行を実施し、23年6月に量産を開始する予定。同年中に1000台の納車を見込んでいるという。

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録