中国EV「小鵬汽車」、超急速充電スタンド「S4」発表 5分充電で200km走行可能に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業編集部お勧め記事注目記事

中国EV「小鵬汽車」、超急速充電スタンド「S4」発表 5分充電で200km走行可能に

続きを読む

中国の新興電気自動車(EV)メーカー「小鵬汽車(Xpeng Motors)」がこのほど、超急速充電スタンド「S4」を発表した。最大出力は480kW、最大出力電流は670Aに達する。同社の新型SUV(多目的スポーツ車)「G9」は、S4で5分間充電すれば200km走行できるという。

同社は2022年7〜9月期中に、北京、上海、広州、深圳などG9の注文が多い10都市にS4を設置する。23年には、中国全土の主要都市や主要高速道路沿線での設置を進め、S4ネットワークを完成させる計画だ。

22年7月31日現在、小鵬汽車が自社運営する超急速充電ステーションは796カ所。25年までに、さらに2000カ所が新設される見込みとなっている。

中国EV「小鵬汽車」、新型SUV「G9」を9月発売 800Vの高電圧充電システム採用

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録