ショート動画大手「快手」、バーチャルキャラクターによる動画配信ツールを発表 

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

ショート動画大手「快手」、バーチャルキャラクターによる動画配信ツールを発表 

続きを読む

ショート動画プラットフォーム「快手(Kuaishou)」の技術チームが9月1日〜3日の日程で開かれた「2022世界人工知能大会(WAIC)」で、バーチャルキャラクターを利用して動画を配信するツール「Kuaishou Virtual Studio(KVS)」を発表した。

KVSはプロの動画制作者向けのツールで、3Dのバーチャルキャラクターとバーチャル背景を組み合わせ、さまざまな特殊効果を利用しながら動画をライブ配信できる。複数の動画プラットフォームにも対応している。

快手の説明によると、KVSの主な機能は3つある。1つ目の「バーチャルキャラクター機能」は、配信者の表情や動作を反映して動くアバターを利用して、ブランドの価値を伝える。2つ目の「バーチャル背景機能」は、グリーンバックを利用することで、配信者またはバーチャルキャラクターの姿を美しい3D背景の前に映し出す。3つ目は仮想空間を介した「インタラクション機能」で、ユーザーのアバターとして動くバーチャルキャラクターを「メタバース上の配信スタジオ」に送り込み、配信者と閲覧者による没入型の交流を実現する。

KVSは将来的に、電子商取引(EC)プラットフォームでの商品販売、行政機関による告知、企業のカスタマーサービスなどに活用される見込みとなっている。

快手が目指すのは、バーチャルキャラクターや特殊効果を使いやすくし、一般の人にもメタバースを感じてもらうことだという。

ショート動画の快手、法人向けクラウドブランド「StreamLake」を立ち上げ 動画処理チップも発表

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録