スターバックス、25年までに中国9000店展開目指す 9時間で1店増のペース 

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

スターバックス、25年までに中国9000店展開目指す 9時間で1店増のペース 

続きを読む

カフェチェーン大手の米スターバックスは9月14日、「2025中国戦略ビジョン」を発表した。25年までに中国300都市で9000店舗を展開し、従業員を3万5000人増員して約9万5000人とする方針。純収入は現在の2倍、営業利益は4倍を目指すという。

中国本土の店舗数は、過去10年間で約10倍に増加し、2022会計年度末(22年9月末)までに6000店舗に達する見込みとなっている。この数字を前述のビジョンに照らせば、25年までに3000店舗、平均で9時間に1店舗のペースで出店する計算となる。

スターバックスは中国でデリバリーサービス「専星送(Starbucks Delivers)」も展開しており、現在は毎日5000人以上の専属配達員が、注文から平均19分で安定した品質のコーヒーを顧客に届けている。

同社はまた、約11億元(約220億円)を投じ、江蘇省でコーヒー焙煎工場を中心とする複合施設「咖啡創新産業園」の建設を進めている。同施設には、米国以外で最大かつ世界で最も環境に優しいコーヒー焙煎工場、高度に自動化されたスマート物流センター、没入型体験センターなどが備えられ、予定どおり23年夏に稼働を開始すると、コーヒー豆の焙煎から商品の販売まで、産業チェーン全体を中国国内で賄えるようになる。

(36Kr Japan編集部)

カナダ生まれのカフェチェーン、中国で第2のスタバ目指す。赤字出しながら急成長

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録