百度の共同購入サイト、年内でサービス終了

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

百度の共同購入サイト、年内でサービス終了

続きを読む

中国IT大手、百度(バイドゥ)傘下の共同購入サイト「百度糯米(Nuomi.com)」が、サービスを終了する。公式サイトに掲載された告知では、2022年8月31日午後12時にアプリストアからアプリを削除し、年内に関連サービスを正式に終了するとしている。サービス終了の理由はバイドゥの事業再編だという。

百度糯米の前身「糯米網」は、ニューヨーク証券取引所に上場する「人人(Renren)」が2010年6月23日に開始したサービスで、当時は数ある共同購入サイトを制し、美団(Meituan)や大衆点評(Dazhong Dianping)と並んで三大共同購入サイトの一角を占めた。人人は翌11年5月5日に上場した際、糯米網のほか、かつては中国版Facebookとして人気を博したSNS「人人網」やゲーム部門の「人人遊戯」などを傘下に抱えていた。

【徹底解説】O2Oプラットフォーム「美団」10周年 5つの壁を乗り越えた創業者・王興氏の飽くなき挑戦(上)

バイドゥは2014年1月に糯米網を完全買収し、同年3月にはサイト名を百度糯米に変更した。同サイトは、バイドゥ、アリババ、テンセントの中国IT大手3強に完全買収された最初の団体購入サイトとなった。バイドゥは翌15年、百度糯米に200億元(約4000億円)を投じると宣言した。しかし、バイドゥが17年に戦略を転換して以降、百度糯米に関するニュースはほとんど聞かれなくなっていた。

莫大な資金調達で安さを追求した中国ネット業界、そして次のタームへ

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録