テンセント、海外ゲーム会社のM&Aを加速 

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業編集部お勧め記事注目記事

テンセント、海外ゲーム会社のM&Aを加速 

続きを読む

中国IT大手でゲーム大手としても知られるテンセント(騰訊控股)が、従来のM&A(合併・買収)戦略を改め、海外のゲーム会社の過半数株取得に軸足を移している。同社はこれまで中国のスタートアップを中心に数百社に出資してきたが、今後はグローバル展開に重点を置く方針だとみられる。

中国ゲーム大手のテンセントやネットイース、海外買収相次ぐ

テンセントのジェームズ・ミッチェル最高戦略責任者(CSO)は2022年8月に開かれた電話会議で、今後も海外のゲーム会社に対するM&Aを積極的に進めていく考えを示している。

テンセント子会社、ゲーム開発会社フロム・ソフトウェアの一部株式を取得

同社は22年6月に人気モバイルゲーム「Subway Surfers」を開発したデンマークの「SYBO Games」を買収したのに続き、8月には「ELDEN RING」を開発した日本のフロム・ソフトウェアの株式16.25%を取得した。さらに、9月には仏ゲーム大手「ユービーアイソフト(Ubisoft Entertainment)」の株式を買い増し、筆頭株主となった。

テンセント、仏ユービーアイソフトに約430億円出資 直接出資比率9.99%に

 

テンセントは21年、英ゲーム会社「Sumo」を13億ドル(約1900億円)で買収。16年にはモバイルゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」の開発会社「Supercell」の過半数株を86億ドル(約1兆2000億円)で取得しているが、これらの事例を除けば、17年に英ゲーム会社「Frontier Developments」の株式9%を取得するなど、従来は主に少数株の取得にとどめていた。

M&Aを繰り返して巨大化、中国CVCの王者テンセントの戦略

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録