テンセント子会社、ゲーム開発会社フロム・ソフトウェアの一部株式を取得

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

テンセント子会社、ゲーム開発会社フロム・ソフトウェアの一部株式を取得

続きを読む

KADOKAWAは8月31日、同社の連結子会社でゲーム開発を手掛けるフロム・ソフトウェアが、中国IT大手の騰訊控股(テンセント)とソニーグループを対象に第三者割当増資を実施すると発表した。

割当先は、テンセントの子会社Sixjoy Hong Kong(シックスジョイ)とソニーGの子会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)。

フロム・ソフトウェアは新株発行により約364億円を調達し、ゲーム開発や海外での販売拡大に充てる方針。増資後の持ち株比率はKADOKAWAが69.66%、シックスジョイが16.25%、SIEが14.09%となる。

22年上半期世界モバイルゲーム売上高、5兆6800億円 中国勢がトップ3独占

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録