生活関連サービス「美団」、フードデリバリー事業の香港進出を準備中

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

生活関連サービス「美団」、フードデリバリー事業の香港進出を準備中

続きを読む

生活関連サービス大手の「美団(Meituan)」がフードデリバリー事業「美団外売」の香港進出を計画しており、すでにスタッフ募集も開始しているという。複数のメディアが報じたが、 現在のところ美団の発表はない。

香港の主なフードデリバリープラットフォームは「Foodpanda」「Deliveroo」「Uber Eats」の3つ。うち市場シェア1位は51%のFoodpandaで、アクティブユーザー数は127万人余り、加盟店は7000店以上となっている。

美団外売は、中国本土では約7割のシェアを誇る。しかし香港は狭く、人件費が高い上に外食文化が盛んなため、フードデリバリー産業の成長には限界がある。業界関係者は、新規参入した企業が成功する可能性は高くないと分析している。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録