ファーウェイとアリババ、東南アジアのクラウド市場で熾烈なシェア争い

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業編集部お勧め記事注目記事

ファーウェイとアリババ、東南アジアのクラウド市場で熾烈なシェア争い

続きを読む

中国の大手クラウドベンダーが海外での事業展開を加速している。アリババクラウドとファーウェイクラウドは2022年9月、いずれもタイ・バンコクで東南アジア市場への参入計画を発表した。

ファーウェイクラウドの張平安CEOは、近くインドネシアでサービス提供を開始すると発表し、「Go Cloud、Go Global」(クラウドで、グローバルへ)と題したエコシステムを構築する計画を明らかにした。東南アジアでパートナーエコシステムと人材エコシステムを開拓し、現地の政府や企業と連携してデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する計画だという。

アリババクラウドは、今後3年間で70億元(約1400億円)を投じ、海外向けにローカライズしたエコシステムを構築するとともに、マレーシアのクアラルンプールなど世界6カ所にサービスセンターを新設すると発表した。

アリババクラウド、グローバル展開を加速 エコシステム構築に約1400億円投資

シンガポールの市場調査会社「Twimbit」が21年9月に発表したデータによると、アリババクラウドは東南アジアのIaaS型パブリッククラウド市場で7%のシェアを獲得し、4位にランクインしている。一方、ファーウェイクラウドはタイなど個別の市場で優位に立ったものの、ランキング上位には入らなかった。

米調査会社「ガートナー(Gartner)」が22年6月に発表したデータによると、ファーウェイクラウドは21年のタイのIaaS型パブリッククラウド市場でシェア29.4%を獲得している。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録