バイトダンス、メタバースSNS「派対島」のチーム解散 再公開めど立たず

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

バイトダンス、メタバースSNS「派対島」のチーム解散 再公開めど立たず

bytedance
続きを読む

動画投稿アプリTikTokを運営するバイトダンス(字節跳動)が、コスト削減と効率向上を理由に、SNSアプリ「派対島」(日本語で「パーティーアイランド」の意)のプロジェクトチームを解散したことが分かった。チームのスタッフはすでに、元の配属先に戻っているという。社内事情に詳しい関係者が明らかにした。

派対島は2022年7月に正式リリースされたが、その後間もなくセキュリティプロセスに関する問題によりアプリストアから削除されていた。前出の関係者によると、再リリースの見通しが立たないため、プロジェクトそのものが廃止されたのだという。

同アプリは、3Dの仮想空間の中で自身のアバターを使って活動し、さまざまなアクティビティに参加したり、他のユーザーとの交流を楽しんだりするタイプのSNSアプリ。リリース当初は、バイトダンスがメタバースに参入したことを象徴するアプリだとして話題を呼んだ。

バイトダンス、メタバースアプリをテスト中 新形態のSNSに挑戦

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録