中国新興EVメーカー、10月納車は「哪吒汽車」が首位維持

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社注目記事

中国新興EVメーカー、10月納車は「哪吒汽車」が首位維持

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

【新華社北京11月3日】中国の新興電気自動車(EV)メーカー各社が2日までに発表した10月の納車台数は、EVブランド「哪吒汽車(Neta)」を展開する合衆新能源汽車が前年同月比2.2倍の1万8016台で、4カ月連続の首位となった。

合衆新能源汽車は、コンパクトスポーツタイプ多目的車(SUV)「哪吒U(NetaU)」と小型SUV「哪吒V(NetaV)」の2車種を展開。1~10月の累計は前年同期比2.6倍の12万9206台に上った。

2位の蔚来集団(NIO)は10月の納車を2.7倍の1万59台に伸ばし、前月の4位から浮上。1~10月は32.0%増の9万2493台となった。

理想汽車が2カ月連続で上位3位に入った。10月の納車は31.4%増の1万52台、1~10月は53.8%増の9万6979台と好調を維持した。

EVブランド「零跑汽車(Leap Motor)」を展開する浙江零跑科技は前月の3位から4位に後退。10月の納車は92.3%増の7026台だった。

小鵬汽車は前月と同じ5位。10月の納車は49.7%減の5101台と落ち込んだ。1~10月は56.0%増の10万3654台とプラスを確保した。

自動車大手の広州汽車集団傘下の広汽埃安新能源汽車は10月の販売台数が2.5倍の3万63台、賽力斯集団の子会社、賽力斯汽車は5.6倍の1万2047台といずれも大きく伸びた。

中国新興EV9月販売台数:1位はNETA、2位はV字回復の理想汽車

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録