自動運転システムの「禾多科技」:江蘇省でコネクテッドカーの試験走行用ナンバープレートを取得

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

自動運転システムの「禾多科技」:江蘇省でコネクテッドカーの試験走行用ナンバープレートを取得

続きを読む

自動運転システムの研究開発を行う「禾多科技(HoloMatic)」は、江蘇省でコネクテッドカーの試験走行用ナンバープレートを取得し、同省内の指定区間における自動運転車の試験走行を許可された。禾多科技は中国国内企業で初めて高速道路試験走行の許可を得たことになる。禾多科技は2017年に倪凱氏により設立された。同社の主力製品は、高速道路自動運転ソリューション「HoloPilot」と、バレーパーキングソリューション「HoloParking」である。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手