自動運転システムの「禾多科技」:江蘇省でコネクテッドカーの試験走行用ナンバープレートを取得

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

自動運転システムの「禾多科技」:江蘇省でコネクテッドカーの試験走行用ナンバープレートを取得

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

自動運転システムの研究開発を行う「禾多科技(HoloMatic)」は、江蘇省でコネクテッドカーの試験走行用ナンバープレートを取得し、同省内の指定区間における自動運転車の試験走行を許可された。禾多科技は中国国内企業で初めて高速道路試験走行の許可を得たことになる。禾多科技は2017年に倪凱氏により設立された。同社の主力製品は、高速道路自動運転ソリューション「HoloPilot」と、バレーパーキングソリューション「HoloParking」である。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録