中国スポーツ用品「ANTA」、 傘下のフィンランド名門アメアスポーツの分離上場を計画か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国スポーツ用品「ANTA」、 傘下のフィンランド名門アメアスポーツの分離上場を計画か

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国スポーツ用品大手「安踏体育用品(ANTA Sports Products)」(以下、アンタ)が、傘下のフィンランド同業「アメアスポーツ(Amer Sports)」の新規株式公開(IPO)を検討していると、ブルームバーグが関係者の話として報じた。

アンタと共同出資者は現在、投資銀行と予備的な協議を進めており、早ければ23年のIPOを検討しているという。調達額は10億ドル(約1360億円)以上になるとみられる。

アメアスポーツは、傘下にアウトドアブランドの「サロモン(SALOMON)」「アークテリクス(ARC’TERYX)」「ピークパフォーマンス(Peak Performance)」「アトミック(ATOMIC)」のほか、テニス用品ブランド「ウィルソン(Wilson)」などを擁している。

アンタを中心とする投資グループは2019年3月、アメアスポーツの全株式を46億ユーロ(約6600億円)で取得した。投資グループの共同出資者には、中国の大手投資会社「方源資本 (FountainVest Partners)」、カナダのヨガウェアブランド「ルルレモン(lululemon)」の創業者チップ・ウィルソン(Chip Wilson)氏および中国IT大手のテンセント(騰訊控股)が参画した。

アンタの2021年の決算報告書によると、アメアスポーツは投資グループによる合弁会社「Amer Sport Holding(AS Holding)」の完全子会社となっており、アンタは21年12月31日時点でAS Holdingの株式の52.7%を保有している。

アンタの22年6月中間決算によると、1~6月の売上高は前年同期比13.8%増の259億6500万元(約5000億円)だった。アメアスポーツの売上高は前年同期比で21.1%増加した。

ANTA、中国スポーツ用品市場でトップに 設立31年目の快挙 

*22年12月9日のレート(1元=約19.6円、1ドル=約136円、1ユーロ=約144円)で計算しています。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録