シャオミ、大規模なリストラ開始か 中国家電業界は「冬の時代」に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業編集部お勧め記事注目記事

シャオミ、大規模なリストラ開始か 中国家電業界は「冬の時代」に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国スマートフォン・IoT機器大手の小米集団(シャオミ)がこのほど、新たにリストラを開始したとの噂が12月19日、マーケットを飛び交った。補償金は月給プラス2カ月分が支払われるという。

一部のメディアは、シャオミ社員を自称する人物の言葉を引き、今回のリストラの規模は大きく、スマホ部門やインターネット部門、中国部門など、複数の部門に及ぶものだと報じている。しかも、中国部門の中には解雇率75%にも上る部署があり、インターネット部門にも約4割のスタッフがリストラされる部署があるという。

一方、あるメディアは関係者の話として、現在出回っているリストラ対象者の人数は誤りだと報じた。この関係者によると、不正確な情報は、中国のビジネス向けSNS「脈脈(Maimai)」で匿名の人物が流した噂に基づくもので、シャオミはすでに証拠を押さえ、法的手続きを開始しているという。

中国の家電業界は2022年になってから「冬の時代」に突入し、デバイスメーカー各社が業績を大きく落とした。シャオミも例外ではなかった。

決算報告書によると、22年7〜9月のスマホ事業の売上高は、前年同期比11.1%減の425億1400万元(約8070億円)だった。また、IoT・家電製品事業とインターネットサービス事業も減収となった。

22年9月30日現在、シャオミの正社員は3万5314人で、そのうち3万2609人が中国本土で勤務している。

シャオミ、22年7~9月は減収減益 純利益は59%減 

*22年12月21日のレート(1元=約19円)で計算しています。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録