携帯型映像分析機器の「火眼智能」:シリーズAで約6億3000万円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

携帯型映像分析機器の「火眼智能」:シリーズAで約6億3000万円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

AIを活用した携帯型映像分析機器を手がける「深圳火眼智能有限公司(VISUALDEEP)」が、シリーズAで4000万元(約6億3000万円)を調達した。出資者は台湾の有名上場企業。火眼智能は、クライアントである警察に、パトカーの車載カメラやボディウォーンカメラなどによって得られた映像のAI分析ソリューションを提供している。2018年の売上高は数千万元(数億円)にのぼる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録