バイドゥ:スマートホームデバイスの「小魚在家」をハードウェア部門に統合

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

バイドゥ:スマートホームデバイスの「小魚在家」をハードウェア部門に統合

続きを読む

スマートフォンメーカー「スマーティザン テクノロジー(錘子科技)」の前CTO銭晨氏が今年2月、正式にバイドゥに加入した。同社SLG(スマートリビンググループ)でハードウェアの研究開発とサプライチェーンエコシステムを担当する。バイドゥが戦略的に投資するスマートホームデバイスメーカー「北京小魚在家科技有限公司(北京小魚児網絡科技有限公司 / Ainemo Inc.)」の関係者によると、現在、SLGは小魚在家とバイドゥハードウェアシステムの統合を進めているとのこと。バイドゥは2017-2018年にかけて複数回、小魚在家へ出資しており、すでに単独大株主として同社の支配権を得ているとも述べた。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手