中国EV大手のBYD、百度傘下のAIチップ企業に出資

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

中国EV大手のBYD、百度傘下のAIチップ企業に出資

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国ネット検索最大手の百度(バイドゥ)傘下で人工知能(AI)チップを手掛ける「昆侖芯(北京)科技(Kunlunxin(Beijing)Technology)」がこのほど、新たな株主として電気自動車(EV)大手の比亜迪(BYD)と「北京中関村科学城科技成長投資」を迎えたことが分かった。

昆侖芯の前身は百度のスマートチップ・アーキテクチャ部門で、独立前の2021年4月に最初の資金調達を完了した。資金調達後の評価額は約130億元(約2480億円)だった。百度は現在も昆侖芯の筆頭株主で、約71%の株式を保有している。

昆侖芯のAIチップ「昆侖(Kunlun)」は、完全自社開発のXPU(異なるアーキテクチャを組み合わせたプロセッサー)を採用。すでに2万個以上が生産されている。現行の第2世代の昆侖には7nmプロセスを採用しているが、4nmプロセスも開発中だという。百度は22年9月、第2世代の昆侖が完全無人の自動運転に適合したと明らかにした。

*2023年3月21日のレート(1元=約19.1円)で計算しています。

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録