投資ファンドの「凱輝創新基金」:2号ファンド第1次募集で約390億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

投資ファンドの「凱輝創新基金」:2号ファンド第1次募集で約390億円を調達

続きを読む

「凱輝基金(Cathay Capital)」のベンチャーキャピタル部門である「凱輝創新基金(Cathay Innovation)」が、2号ファンドの第1次募集で3億2000万ユーロ(約390億円)を調達した。基金の目標規模は5億ユーロ(約608億円)。出資者は「フランス公的投資銀行(Bpifrance)」、「ミシュラン(Michelin)」、「ヴァレオ(Valeo)」、「アコーホテルズ(AccorHotels)」、「ケリング(Kering S.A.)」などの機関投資家。凱輝創新基金は2015年に設立され、現在パリ、サンフランシスコ、上海にオフィスを置き、約30名のスタッフを擁する。同ファンドはこれまでに、ソーシャルEC「拼多多(Pinduoduo)」、自動運転スタートアップ「Momenta」、シャオミ(小米科技)傘下のスマート家電メーカー「緑米聯創(Shenzhen Lumi United Technology)」など、主に中国、欧米の代表的なベンチャー企業に出資している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手