幼児教育ロボット開発の「梧童科技」:エンジェルラウンドで数千万円調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

幼児教育ロボット開発の「梧童科技」:エンジェルラウンドで数千万円調達

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

手指を使って対話操作を行う子供向け教育用ロボット「梧童指尖機器人」を開発製造する「深圳梧童科技有限公司(Wutton Technology Co., Ltd.)」が、エンジェルラウンドで数百万元(数千万円)を調達した。リード・インベスターは「深圳市浩方創投発展有限公司(Shenzhen Hofan Venture Development Co., Ltd.)」、コ・インベスターは米シリコンバレー最大のアクセラレータ「Plug and Play」と、テンセント(騰訊)検索部門の元総経理・林松氏。資金は主にコンテンツのアップグレード及びマーケティングに充てられる。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手