中国AI大手センスタイム、大規模AIモデル「日日新SenseNova」を発表 

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国AI大手センスタイム、大規模AIモデル「日日新SenseNova」を発表 

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国テック大手のバイドゥ(百度)やアリババ集団などが「ChatGPT」に類似した生成人工知能(AI)を発表したのに続き、AI大手のセンスタイム(商湯科技)も生成AIの開発競争に参戦した。

アリババも「中国版ChatGPT」発表。AIスピーカーと企業向けツールに導入

センスタイムは4月10日、基礎モデルと大規模コンピューティングを組み合わせた汎用人工知能(AGI)の開発を推進する戦略計画を発表した。同日公開した大規模AIモデル「日日新SenseNova」は、自然言語処理(NLP)やコンテンツ生成、自動アノテーション(データに意味を付与するタグ付け作業)、カスタムモデルのトレーニングなどが可能となっている。

同社はまた、テキストからの画像生成、2Dまたは3Dのデジタルアバター生成、複雑なシナリオや細かいオブジェクトの生成など、一連の生成AIモデルとその活用方法を披露した。さらに、独自の汎用AIインフラ「SenseCore」を活用することで、基礎モデルと大規模コンピューティングの統合とイノベーションを実現する研究開発システムも発表した。

SenseCoreは、同社が5年の歳月をかけて構築した汎用AIインフラで、総合演算能力5.0エクサフロップスを誇る。現在のところ、アジア最大級のインテリジェントコンピューティングプラットフォームとなっている。

ソフトバンクG出資の中国AI「センスタイム」、22年は売上高19%減で赤字も継続

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録