不動産運営管理デジタル総合サービスの「四格互聯」:シリーズB+で約15億円超を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

不動産運営管理デジタル総合サービスの「四格互聯」:シリーズB+で約15億円超を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

不動産の運営管理サービスを行う「四格互聯(Segi Information Technology) 」が、シリーズB+で1億元(約15億円)超の資金を調達した。出資者は「至臨投資(GeniLink Capital)」、「深圳投資控股有(Shenzhen Investment Holdings)」、「浚源資本(Jun Yuan Capital)」。資金は技術の研究開発とマーケティングに充てられる。2013年に深圳で設立された四格互聯は、オフィスビルや複合施設、学校、病院など、様々な不動産の所有者と不動産管理会社に対し、システム化されたトータルデジタルソリューションと、持続的な高度運営サービスを提供している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録