エッジコンピューティングの「江行智能」:シリーズAで約5億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

エッジコンピューティングの「江行智能」:シリーズAで約5億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

エッジコンピューティングに関する技術とサービスを提供する「江行智能(Jiangxing Intelligence )」が、シリーズAで3000万元(約4億7000万円)を調達した。リード・インベスターは「松禾資本(Green Pine Capital Partners)」、コ・インベスターは「セコイア・キャピタル・チャイナ・シードファンド」と「百度風険投資公司(Baidu Ventures)」。財務アドバイザーは「青桐資本(PhoenixTree Capital)」が務めた。江行智能は電力や新エネルギー、工業パイプラインの監視などの領域を対象として、大量のloT設備やデータを管理して分析処理を行うことで、企業の効率化とリスク低減をサポートする。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録