3Dセンサーモジュールの「安思疆科技」:シリーズAで約15億円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

3Dセンサーモジュールの「安思疆科技」:シリーズAで約15億円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

3Dセンサーモジュールに注力する「安思疆科技(Angstrong Tech)」が、シリーズAで約1億元(約15億円)を調達した。リード・インベスターは「北京清控金信資本(Qingkong Jinxin Capital Management)」、コ・インベスターは「力合科創基金(Leaguer Venture Capital)」、「煉金術資本(Lianjinshu Capital)」、「杭州復林創投基金(Hangzhou Fulin Venture Capital)」。資金は生産能力の拡大と研究開発などに充てられる。同社は2018年9月にもエンジェルラウンドで力合科創基金から2000万元(約3億円)を調達しており、2度の資金調達を経て、評価額は約3億元(約45億円)に達する見込み。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録