呼吸器系医療機器開発メーカーの「霧聯医療」:シリーズAで数億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

呼吸器系医療機器開発メーカーの「霧聯医療」:シリーズAで数億円を調達

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

ネブライザー(吸入器)やスペーサー(吸入補助器具)、AI呼吸訓練器具など呼吸器疾患系の医療機器を研究開発する「霧聯医療(VAPO Healthcare)」が、シリーズAで数千万元(数億円)を調達した。リード・インベスターは「建銀国際(CCB International)」、財務アドバイザーは「点石資本(Das Capital)」が務めた。霧聯医療は以前、エンジェルラウンドで「深創投(Shenzhen Capital Group)」や「昆山工研院(Kunshan Industry Technology Research Institute)」から500万元(約7600万円)を調達している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手