放射線医療機器の「XpectVision」:シリーズBで約15億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

放射線医療機器の「XpectVision」:シリーズBで約15億円を調達

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

放射線医療機器を研究開発する「深圳幀観徳芯科技有限公司(XpectVision)」が、シリーズBで約1億元(約15億円)を調達した。リード・インベスターは「深圳時代伯楽創投(Times Bole)」。資金は(1)アレイ型量子計数X線センサーチップの性能最適化、マンモグラフィ装置研究開発および製品登録認証の速度アップ、試作品の製造、(2)乳房トモシンセシス(X線断層撮影)装置、シンクロトロン放射光スキャナー、超低線量DSA(デジタルサブトラクション血管造影法)装置、XRF(蛍光X線)検出器など新規製品の開発に充てられる。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手