電通、チタン製品で話題のアウトドアブランド「KEITH」と提携。ブランド刷新から世界展開を支援

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

EXCITEのRSSに登録大企業編集部お勧め記事注目記事

電通、チタン製品で話題のアウトドアブランド「KEITH」と提携。ブランド刷新から世界展開を支援

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

36Kr Japanでは、日本進出に意欲の高い中国スタートアップ企業の日本進出をサポートしている。昨年から約半年間かけて実施した「出海日本加速営(中国スタートアップのための日本進出特別プロジェクト)」では、新消費・メタバース・環境分野で中国でも注目のスタートアップを約100社選出、日本の大手企業とのマッチングを通じて、日本進出を加速させている。また、日本進出するのに必要なノウハウ・知識、日本企業との上手な付き合い方などを学べる特別講座を実施することで、中国人経営者らが日本でスムーズに事業展開する支援も行った。

これまでに日中企業間での協業をはじめとした複数の成果が出る中で、中国発アウトドア・ブランドとして既に海外でも実績をあげている注目企業「KEITH(鎧斯)」と、日本の大手広告会社「電通」とがタッグを組んだ。

2005年に設立されたKEITHは、高品質かつ洗練されたデザインが特徴のチタン製品ブランドで、特に世界中のキャンプ・アウトドア愛好家から親しまれ、中国以外にも米カリフォルニアや仏パリに支社を設立、すでに18の国と地域で販売網を広げている。広東省・佛山市に研究開発・生産拠点を持つKEITHは、今年に入りカナダのバンクーバーと日本の大阪に新たに製品開発チームを設立し、グローバル化に向けた動きも加速している。

今回KEITHが「出海日本加速営」に参加した背景には、グローバル展開への強い決意があった。今年からアウトドア製品のみならず、ホーム、スポーツ、オフィス、ラグジュアリー、トラベルといった領域で大きな挑戦をスタートさせることが決まっており、日本も重要市場と位置付けている。そして、同社のプレミアムなイメージをさらに後押しすべく、このたびロゴデザインを刷新することとなった。

KEITHが大切にしているブランドフィロソフィーを世界中に届けるための最適なグローバル・パートナーを探しているなかで、電通と知り合った。電通はKEITHのグローバル展開に対する熱意に応えるべく、中国をはじめ、北米、ヨーロッパ、アジア諸国などで実績あるメンバーを集結させた。各地域での動向、インサイトを充分に精査、KEITHとの十分な議論の上に今回のグローバル・リブランディングプロジェクトが完成した。

これまでオンライン販売に注力してきたKEITHは8月28日、初となる体験型店舗を、世界のラグジュアリーブランドが集まる武漢恒隆広場店にオープンした。当日は、新しいロゴがひときわ目立つ店舗にあっという間に人だかりができた。近年、中国では若者の間でキャンプブームが到来し、中国国内ではアウトドアブランドがひしめき合っているが、KEITHの新しいロゴに込めた思いと、製品の洗練されたデザイン・品質が受け入れられた瞬間だ。

今回、36Kr Japanが推進した日本進出プロジェクトを通じて、日本企業による中国スタートアップの海外進出支援が実現した。KEITHは、電通と知り合えたことを大変貴重な機会と捉えており、今後のグローバル展開において信頼がおける素晴らしいパートナーとなっているという。また電通を始めとした日本企業にとっては、中国から世界を見据えて頭角を現す新興スタートアップと早期に出会える場となったようだ。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録