臨床判断支援システムの「恵毎雲科技」:シリーズCで約32億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

臨床判断支援システムの「恵毎雲科技」:シリーズCで約32億円を調達

続きを読む

AIを活用した臨床判断支援システム(CDSS)により診療をサポートする「恵毎雲科技(Huimei Technology)」が、シリーズCで3000万ドル(約32億円)を調達した。リード・インベスターは「啓明創投(Qiming Venture Partners)」、コ・インベスターは「薬明康徳(WuXi AppTec)」、「恵毎医療集団(HM Healthcare Management Services)」傘下の「恵毎資本(Huimei Capital)」。同社の既存株主はアジアにおける最大級の投資会社である「高瓴資本(Hillhouse Capital)」。現在同社の製品は、中国国内の総合病院などで実用化されている。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手