配車プラットフォーム「DiDi」:日本各地でサービス拡大、5000万ユーザーをカバー

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

配車プラットフォーム「DiDi」:日本各地でサービス拡大、5000万ユーザーをカバー

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

タクシー配車アプリ「DiDi」を手掛ける「DiDiモビリティジャパン」副社長の林励氏が新華社のインタビューに答え、「現在、DiDiは大阪でのトップシェアを獲得し、またあらゆる配車アプリで最高のユーザー満足度を得ている」と述べた。DiDiモビリティジャパンは2018年6月に設立され、9月に大阪で正式に営業を開始。京都や東京、北海道など各地でサービスを展開し、現在では5000万人近いユーザーをカバーしている。提携するタクシー事業者も、2019年9月時点でが200社を突破した。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手