中国の人気ティードリンク「喜茶」が米国進出 ニューヨークに1号店

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

中国の人気ティードリンク「喜茶」が米国進出 ニューヨークに1号店

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の人気ティードリンクチェーン「喜茶(HEYTEA)」が米国市場での展開を開始した。12月8日、ニューヨークのブロードウェイに米国1号店がオープンし、タイムズスクエアの大型スクリーンに喜茶の広告が登場した。

ブロードウェイ店では主に、新鮮な果物を使ったフルーツティー、タピオカなどの入ったミルクティー、あっさりした中国茶の3カテゴリーの商品を提供する。追加トッピングなしの価格は税抜きで3.99〜7.49ドル(約580〜約1090円)。米国のティードリンク市場では主流の価格帯だ。

ドリンク式「ガチ中華」で世界展開する中国企業、その成功の法則とは

喜茶は18年、シンガポールに海外1号店をオープンし、中国のティードリンクブランドとしては初の海外進出を果たした。23年8月以降は、英国やオーストラリア、カナダなどの主要な商業地区に相次いで現地1号店を出店し、海外での事業展開とブランド展開を本格的に加速している。

激安タピオカドリンク「MIXUE」が日本上陸、在日中国人狙いですでに原宿など3店舗【中華ビジネス戦記】 

*2023年12月13日のレート(1ドル=145円)で計算しています。

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録