ソフトバンク: 中南米市場に注力、ブラジルへの有力企業40社誘致を検討

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

ソフトバンク: 中南米市場に注力、ブラジルへの有力企業40社誘致を検討

続きを読む

9月20日、ソフトバンクグループのマネージング・パートナー、アンドレ・マシエル(André Maciel)氏が明らかにしたところによると、同グループは、高成長が見込める約40社のブラジル誘致を検討中で、2週間以内にブラジルへの大型投資計画を発表する見込みとのこと。ロイター通信が報じた。ソフトバンクは今年3月、中南米市場に特化した50億ドル(約5300億円)規模のファンドを設立、これまでにオンデマンド宅配アプリを手掛けるコロンビアのユニコーン企業「Rappi」、配送アプリ開発を手掛けるブラジルの「Loggi」、不動産賃貸サイトを運営するブラジルのスタートアップ「Quinto Andar」などに出資したほか、ブラジルのネットバンク「Banco Inter」の株式を15%取得している。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手