整形外科向けAI手術支援の「長木谷医療」:プレシリーズAで数億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

整形外科向けAI手術支援の「長木谷医療」:プレシリーズAで数億円を調達

続きを読む

整形外科において、術前評価や手術の計画立案、およびナビゲーションなど、AIによる手術支援ソリューションを提供する「長木谷医療(Changmugu Medical)」が、プレシリーズAで数千万元(数億円)を調達した。リード・インベスターは「聯想之星(Legend Star)」、コ・インベスターは「峰瑞資本(Frees Fund)と「万輝資本(Wanhui Capital)」。資金は手術支援ソリューションの拡充と臨床試験の申請、製品の臨床における実用化推進などに充てられる。長木谷医療は2017年、米国ハーバード大学とスタンフォード大学のインキュベートにより設立された。同社は2018年11月、シードラウンドで峰瑞資本から数千万元を調達している。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手