企業デジタル化サポートの「滴普科技」:シリーズAで約38億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

企業デジタル化サポートの「滴普科技」:シリーズAで約38億円を調達

続きを読む

企業向けにデジタル化ソリューションサービスを提供する「滴普科技(DEEPEXI)」が、シリーズAで3500万ドル(約38億円)を調達した。リード・インベスターは「晨興資本(Morningside Venture Capital)」、「高瓴资本(Hillhouse Capital)」、「IDGキャピタル」、コ・インベスターは「ベルテルスマンアジア投資基金(BAI)」、「初心資本(Chuxin Capital)」、「蘇寧(Suning)」グループ傘下の「蘇寧生態鏈基金」、「光源資本(Lighthouse Capital)。光源資本は本シリーズの財務アドバイザーも務める。滴普科技の董事長兼CEOの趙傑輝氏によると、資金は企業デジタル化スマートプラットフォーム「deepexi.com」の構築、製品および技術の研究開発、人材採用、及びマーケティングなどに充てられるとのこと。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手