年平均成長率360%、賃貸物件プラットフォームの「蛋殻公寓」が米SECにIPO 申請

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

年平均成長率360%、賃貸物件プラットフォームの「蛋殻公寓」が米SECにIPO 申請

続きを読む

アメリカ東部時間の2019年10月28日、賃貸物件プラットフォーム「蛋殼公寓(Danke Apartment)」を運営する「紫梧桐資産管理」が、アメリカ証券取引委員会(SEC)に目論見書を提出した。ニューヨーク証券取引所に銘柄コード「DNK」で登録され、「シティグループ」や「クレディ・スイス」、「JPモルガン・チェース」が引受証券会社となる見通しだ。目論見書によると、蛋殻公寓の物件取扱件数は、2019年9月30日時点で40万6746件、これは2015年時より166倍増となる。また2015年末〜2018年末の3年間における年平均成長率は360%に達している。

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手