水素燃料電池スタック開発の「驥翀氫能」:エンジェルラウンドで数億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

水素燃料電池スタック開発の「驥翀氫能」:エンジェルラウンドで数億円を調達

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

水素燃料電池スタックの開発と関連ソリューションを提供する「驥翀氫能」が、エンジェルラウンドで数千万元(数億円)を調達した。出資者は「中科創星(Casstar)」、「上海重塑(Re-fire)」で、調達後の評価額は1億元(約15億円)を超える。資金は車両用の水素燃料電池スタックの研究開発と小ロット生産などに充てられる。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手