水素燃料電池スタック開発の「驥翀氫能」:エンジェルラウンドで数億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

水素燃料電池スタック開発の「驥翀氫能」:エンジェルラウンドで数億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

水素燃料電池スタックの開発と関連ソリューションを提供する「驥翀氫能」が、エンジェルラウンドで数千万元(数億円)を調達した。出資者は「中科創星(Casstar)」、「上海重塑(Re-fire)」で、調達後の評価額は1億元(約15億円)を超える。資金は車両用の水素燃料電池スタックの研究開発と小ロット生産などに充てられる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録