マイクロソフト、Bing開発者・AI事業統括のハリー・シャム(沈向洋)氏が退職へ

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

マイクロソフト、Bing開発者・AI事業統括のハリー・シャム(沈向洋)氏が退職へ

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

マイクロソフトは、同社人工知能&リサーチグループを統括するエグゼクティブバイスプレジデント(Executive Vice President)ハリー・シャム(英語名:Harry Shum、中国語名:沈向洋)氏が2020年2月1日に同社を去ると発表した。

シャム氏は、1996年にマイクロソフトに入社し、2007年にサーチ製品開発担当のコーポレートバイスプレジデントに就任した。2013年にエグゼクティブバイスプレジデントに就任して主要経営陣の一員となり、同社の研究機関「Microsoft Research」を統率していた。シャム氏はコンピューターサイエンスとAIの分野において多くの実績を残しており、サーチエンジンの「Bing」やAIチャットボット「Xiaoice(小氷)」、AIアシスタントの「Cortana」などはいずれも彼とそのチームが手掛た製品である。

また同氏は、元マイクロソフト幹部の陸奇氏(現・米アクセラレーター「Yコンビネータ」中国法人CEO)が退職して以降、米IT大手企業の中で最も高い地位にある華人としても知られている。

(冒頭写真はマイクロソフトより提供)

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手