ファーウェイ5G対応折りたたみスマホ「Mate X」 2回目発売時も一瞬で完売

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

ファーウェイ5G対応折りたたみスマホ「Mate X」 2回目発売時も一瞬で完売

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

2019年10月18日午前10時8分、販売価格16999元(約26万円)のファーウェイ製折りたたみスマホ「Mate X」の5G対応版が再度販売を開始したが、3日前の初回発売時と同じく、一瞬で完売となった。

次回発売日は11月22日になるという。一部の中古品取引プラットフォームでは、1000〜2000元(約6500円〜13000円)を上乗せして同機種を求めるユーザも出ているが、4万元(約60万円)以上で転売する転売業者も現れた。

ファーウェイのMate Xは、2019年2月にスペインで開催されたMWC2019(モバイルワールドコングレス)で初めて発表されたが、公式サイトにて限定販売されたのは10月15日になってからだった。

しかし、転売業者による投機現象は長くは続かないだろう。ファーウェイによると、Mate Xの生産効率向上に懸命に取り組んでいるという。また端末製品ライン責任者を務める何剛氏も以前、将来の月間生産量は10万台に達する見込みだと発言している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手