世界初の6Gサミットが「6G白書」を 公表、6Gでもファーウエイが牽引か

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

世界初の6Gサミットが「6G白書」を 公表、6Gでもファーウエイが牽引か

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

2019年3月に世界初の6Gサミットがフィンランドで開催され、このほど、世界初の6G白書『6Gユビキタス・ワイヤレス・インテリジェンスのための重要な推進要因と研究課題(Key drivers and research challenges for 6G ubiquitous wireless intelligence)』を発表した。同白書によると、6G時代の到来にともない、2030年までには6Gの性能のほとんどは現行5Gの10~100倍に飛躍し、今はまだ幻想でしかない多くのシーンが現実となるだろうとのこと。6Gの研究準備は現在、中国、アメリカ、EU、ロシア、日本、韓国などでも大々的に進められている。5Gネットワークのトップランナー、ファーウェイの任正非CEOは、「6Gは5Gと並行開発しており、6Gでも我々は世界を牽引する」と述べた。ファーウェイはカナダのオタワでの6Gネットワーク研究開始を認めている。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手