米EVメーカー「テスラ」:ベルリンに初の欧州工場を建設 世界展開を加速

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

米EVメーカー「テスラ」:ベルリンに初の欧州工場を建設 世界展開を加速

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

米EVメーカー「テスラ」は上海臨港産業区のEV工場の操業を開始したばかりだが、同社としては初の欧州工場と、エンジニアリング及びデザインセンターをベルリンに建設すると発表した。テスラのイーロン・マスクCEOはツイートを投稿し、ベルリン工場では主力小型車「モデル3」とほぼ同じ生産価格である新車種のSUV「モデルY」を手始めに、バッテリー、パワートレイン、車両を生産するとの見通しを示した。欧州工場の操業開始は2021年になるだろうとのこと。テスラはすでにドイツのプリュムにバッテリーのオートメーション生産システムを専門で開発するエンジニアリング子会社をに置いている。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手