インド電子決済の「Paytm」:シリーズGで約1090億円調達、評価額は約1兆7400億円に

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

インド電子決済の「Paytm」:シリーズGで約1090億円調達、評価額は約1兆7400億円に

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

インド最大のモバイル決済プラットフォーム「Paytm」が、シリーズGで10億ドル(約1090億円)を調達し、資金調達後の評価額は約160億ドル(約1兆7400億円)となった。米テック系メディア「TechCrunch」の報道によると、リード・インベスターは米資産管理会社「T Rowe Price」。さらに既存株主であるアリババグループの金融サービス会社「アント・フィナンシャル(螞蟻金服)」が4億ドル(約436億円)、「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が2億ドル(約218億円)を出資し、カナダのVC「Discover Capital」もこのシリーズに参加した。現時点で、Paytmの調達資金総額は33億ドル(約3600億円)を上回っている。Paytm創業者兼CEOのVijay Shekhar Sharma氏によれば、同社は中小企業への業務拡大を望んでいるため、新たに調達した資金は企業ユーザー獲得に充てられ、融資や保険など金融商品の拡充にも取り組んでいくとのこと。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手