マッチングアプリ「陌陌」:第3Q、純利益は約167億円、MAUは1億1410万人に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

マッチングアプリ「陌陌」:第3Q、純利益は約167億円、MAUは1億1410万人に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

LBS(位置情報サービス)連動マッチングアプリ「陌陌(MOMO)」を運営する「陌陌科技(Momo Technology)」が、2019年度第3四半期決算を発表した。それによると、純売上高は前年同期比22%増の44億5160万元(約689億円)で、市場予測の43億200万元(約666億円)を上回った。2019年9月期、陌陌メインアプリのMAU(月間アクティブユーザー数)は、前年同期の1億1050万人から360万人以上増加し、1億1410万人となった。8月期のMAUは1億1350万人であった。ライブ配信が依然として最大の収入源となっており、ライブ配信サービスによる売上高は32億7540万元(約507億円)で、総収入の73.58%を占めている。
陌陌は、メインアプリのユーザー数の伸びは鈍化しているものの、絶えず新製品を世に送り出している。数日前、陌陌は5年ぶりに海外戦略を再始動させ、マッチングプラットフォーム「Olaa」をローンチした。これに先立ち、陌陌はディープフェイクアプリ「ZAO」もリリースしている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録